ミュゼプラチナムのS.S.C方式

過去からずっとムダ毛が悩みです。10、20代と続行して自己処理をしています。

はじめに使ってみたのはカミソリです。剃ったときは良いですけど、暫くしますと元より太くなった毛が生えてきます。

毛抜きは持ち味が良いように感じますが手間が掛かります。どちらも簡易な方法に過ぎず、最終にムダな労力になるだけです。

そんな自己処理から解放されたく思いエステを意識するようになりました。
インターネットからブログを見ていたときにスポンサーの広告にあったのが両ワキ美容脱毛の完了コースです。

こちら女性に人気のミュゼプラチナムがリリースしていた脱毛の情報です。
たった何百円でエステ脱毛がはじめられるということで目が釘付けになりました。

暫くしてからサロンのホームページを拝見してみますと、同じコースが100円ポッキリになっていたので、迷わずに申込みをしました。

わたしが相談しに行ったのは、茨城県水戸市の店舗です。
こちら、駅と直結するエクセル内と言う好立地なので、雨の日でも時間に余裕を持って利用することができますし、はじめから道のりに迷うことがなく辿りつけます。

初回のカウンセリングのときは、紙のシートではなくタブレットを操作してアンケートや個人情報などを入力します。これを元に女性のスタッフさんがプランニングをしてくれるようなステップです。

わたしの場合は、すでにオンラインの申し込みから両ワキ脱毛だけと決めていたので、こちらで契約をしました。ミュゼプラチナムが行っているS.S.C方式については、可視光線でビーンズジェルを肌に浸透させるような施術です。

このジェルは、ヤケドや乾燥を防ぐような作用があると言うことだったので、たっぷり目に塗ってもらいました。実際に肌が潤っている状態に保つことによって脱毛の効率が上げられるからです。

光を当てるときは、スタッフさんが軽く声掛けをしてくれるので安心です。ワキの脱毛だけならジェルを塗ってから3分も掛からずに終了しますので、ランチタイムを活用している女性もいます。

実際にS.S.C方式を体験してみて、肌に光を当てても生温い感じで、鋭い刺激を感じることがなかったです。さらにミュゼプラチナムでは、施術のフィニッシュにミルクローションで仕上げをしてくれます。

このローションもエステならではの仕様で、塗ったときから肌が潤う感じになります。両ワキ美容脱毛の完了コースは無制限ということなので、頑張って通いきってみることにします。

関連する記事:PMKでの全身脱毛の体験